ゆりやんのオーディションから学ぶ!英語と日本語翻訳まとめ!

こんにちは^^英語講師のゆうちゃんです♩

お笑い芸人のゆりやんレトリィバァさんが、あの人気オーディション番組、アメリカズ・ゴット・タレントに出演し、会場の大爆笑をさらったと話題になってます!

 

なんとも流暢な英語で、会場に大爆笑の渦をおこしたゆりやんのパフォーマンスを振り返るとともに、彼女と審査員のやり取りから、英語を学んでいきたいと思います♩

 

ゆりやんのオーディション動画

まずは、こちらの動画をご覧になってみてください^^

 

 

オーディションでの会話(英語と日本語訳)

パフォーマンス前

Howie: Good evening. What’s your name?
ハーウィ: こんばんは、お名前は?

ゆりやん: My name is Yurian Retriever. I’m from Japan.
ゆりやん: ゆりやんレトリィバァです。日本から来ました

Howie: Oh, wow. You flew to be on America’s got Talent.
ハーウィ: わぉ、アメリカズゴットタレントのためにはるばる来たんだね〜

ゆりやん:Yeah.
ゆりやん: はい。

Howie: Okay. What do you do for a living?
ハーウィ: OK, お仕事は?

ゆりやん: Uuum. Performer and dancer.
ゆりやん: えー、パフォーマーとダンサーをしています。

Howie: That’s how you make a living in Japan?
ハーウィ: それで生活してるの?

ゆりやん: A little bit.
ゆりやん: まあ、そんな感じです。

Julianne: Like other dancer.
ジュリアン: 他のダンサーみたいに?

Simon: Can I ask a question?
サイモン: 一つ質問してもいいかな?

ゆりやん: Yeah.
ゆりやん: はい。

Simon: Is this your stage name?
サイモン: これ、君のステージネーム(芸名)?

ゆりやん: Yuriyan Retriever is my stage name.
ゆりやん: ゆりやんレトリィバアが私のステージネームです。

Simon: How did you come up with the name?
サイモン: どうしてこの名前なの?

ゆりやん: Well. I have a pet. Do you know retriever?
ゆりやん: はい、私にはペットがいます。レトリィバァって、知ってます?

Simon: Of course.
サイモン: もちろん。

ゆりやん: Golden retriever,
ゆりやん: ゴールデンレトリィバァです。

Simon: Yes.
サイモン: はい。

ゆりやん: I have a cat.
ゆりやん: 私は猫をかっているの。

Howie: So, what does it have to do with retriever if you have a cat?
ハーウィ: それなら、どうしてレトリィバァって名前なの?

ゆりやん: His name is Retriever.
ゆりやん: 猫の名前がレトリィバァなの。

全員:Oh!!!
お〜〜〜!(歓声)

Howie: Who that we know would you compare yourself to?
ハーウィ: 君は僕たちが知っている人で誰に近いかな?

ゆりやん: I only respect three people in the world. My mom, my dad and Julianne.
ゆりやん: 世界に尊敬する人は3人しかいなくて。お母さん、お父さんと、、、ジュリアンなの

(サイモンがブザーをおす)

ゆりやん: I’m so sorry.
ゆりやん: ごめんなさい、、、

Julianne: I like your style. I like your taste.
ジュリアン: 私あなたの感じ好きだわ。

サイモン: It was a mistake. Good luck.
間違ったんだよ。がんばって。

ゆりやん: Thank you. Thank you very much.
ゆりやん: ありがとう、ありがとうございます。

Julianne: Oh, look at the little walk.
ジュリアン: みて、あの歩き方!

テリー: Ok. Hit it!
OK、ではスタート!

 

 

~パフォーマンス始まる~

 

 

パフォーマンス終了後

Simon: What the bloody hell was that?
サイモン: 今のなんだったんだ?

ゆりやん: Thank you very much.
ゆりやん: ありがとう

ハーウィ: Julianne, you gave her a buzzer when every move you just watched was inspired by you.
ジュリアン、君の影響があるダンス全てに対してブザーを押したね。

Simon:Exactly.
サイモン: その通りだ。

Julianne: I’m responsible.
ジュリアン: 私の責任だわ。

Simon: This is your gift for the world.
サイモン: 君の世界への贈り物だからね。

ゆりやん: Julianne, I want to be like you,
ゆりやん: ジュリアン、私はあなたみたいになりたいのに、、、

but you buzz me. You buzz me.
ブザーを押したのね。あなた、ブザーを押したのね。

Julianne: I did learn the choreography quite quickly.
ジュリアン: 私はその振り付けをすぐに覚えたから、

So, I would have liked to see a little bit more but a little bit less.
もうちょっとみたかったけど、もういいかなって思ったの。

Simon: I think it’s safe to say that we could all have done that.
サイモン: 控えめに言っても、僕たち全員できると思うな。

ゆりやん: No.
ゆりやん: いいえ!

Howie: You guys have the same hair, too.
ハーウィ: 君たちヘアスタイルも同じだしね。

Simon: Thanks, Howie,
サイモン: ありがとう、ハーウィ。

ゆりやん: Simon, please. You are so cute.
ゆりやん: おねがい、サイモン!あなた、かっこいいわ。

Simon: It’s too late to suck up.
サイモン: ゴマすってももう遅いよ。

ゆりやん: Please Simon.
ゆりやん: お願いサイモン。

Simon: Let’s be friends.
サイモン: 友達になろう。

ゆりやん: Let’s be… Ok, uhhh,
ゆりやん: う〜ん、わかったわ、、、

Sheraton Hotel, three one two. Simon…
シェラトンホテル,312、、、サイモン、

Simon: Ok. Gabriel, please.
サイモン: ガブリエル、お願い、

Gabriel: I want to know about what your double sided tape is.
ガブリエル: 私はあなたの両面テープが気になったわ。

Because.. it was hanging on, girl.
だって、なんとかくっついてたけど、

Howie: Let’s vote. I’m going to start. I love you. Yes.
ハーウィ: よし投票しよう、始めるよ、僕は大好きだな、Yesだ。

ゆりやん: Oh, thank you very much.
ゆりやん: まあ、ありがとう。

ハーウィ: Gabriel,
ガブリエル

Gabriel: Retriever, I’m sorry, It is a no.
ガブリエル: レトリィバアごめんなさいね、私はNoだわ。

ゆりやん: Oh, why?
ゆりやん: え、どうして?

ゆりやん: I don’t know why?
ゆりやん: どうして?

Gabriel: Ma’am. Ma’am.
ガブリエル:まあ、まあ、(Ma’amは女性に対して呼びかけるいいかた)

Howie: Julianne?
ハーウィ: ジュリアンは?

Julianne: Ok, yes. Me. I’m excited.
ジュリアン: あー、Yes, 私は楽しかったわ。

Howie: Yes! She said yes.
ハーウィ: Yes!彼女、Yesって言ったよ!

Julianne: NO, no no no. I said no.
ジュリアン: いいえ!いえいえいえ!私はNoって言ったの!

Julianne: Thank you very much.
ジュリアン: ありがとう。

Howie: You already got two.
ハーウィ: 君はYesを2つもらったよ。

Howie: Simon?
ハーウィ: サイモンは?

Simon: I’m telling you what I am prepared to do.
サイモン: 僕が用意していることを言おう。

I’m prepared to pay Julianne to give you dancing lessons.
僕はジュリアンに君へのダンスレッスン料を払ってもいいと思っている。

Julianne: I’d love to.
ジュリアン: ええ、いいわよ。

ゆりやん: Really?
ゆりやん: ほんとう?

Simon: but its a no for the answer. Thank you.
サイモン: でも、答えはNoだ。ありがとう。

ゆりあん: Oh!
え!

Simon: Good-bye.
サイモン: さようなら。

ゆりやん: Excuse me.
ゆりやん: すみません。

I don’t know why you say no. so, ok, let me come down.
どうしてあなたたちがNoって言うのかわからないわ。わかっ、そっちへおりていくから。

Simon: Oh, God…
サイモン: なんてこった

ゆりやん: ok. ok. Tell me about that.
ゆりやん: わかった、わかった、教えてください。

Why did say no? Talk to me.
どうしてNoって言ったの?教えて。

(ゴールドブザーを押す)

Hey.
ああ!

Simon: The golden buzzer is not working. Unfortunately.
サイモン: ゴールドブザーは動かないんだ、不幸なことに。

テリー: Thing is the time is for the other acts.
次の方の番だよ。

ゆりやん: Ok, bye~!
ゆりやん: さようなら〜

Simon: This is why I couldn’t do Terry’s job.
サイモン: これだから僕にはテリーの仕事はできないと思う。

 

ステージ脇での会話

Gabriel: What happened?
ガブリエル: なんだったの?

テリー: Yuriyan. I want to tell you I had the exact same hairdo in high school.
テリー:ユリアン、僕、高校のとき君と全く同じ髪型してた。

それを言おうと思って。
I’m going to tell you that right now.

Simon: She’s left the clothes there.
サイモン:(あきれて)彼女。服をステージに置きっ放しだよ。

 

楽屋でのダンスレッスン

Julianne: I am a woman of my word
私は自分が言ったことは守る女ですからね。

so open your legs like this,
足をこんな感じに広げて、

so now I’m kind of make a figure like this way and this way,
それでこんな感じに動かすの。

now faster, faster, faster, faster, hand on the head.
もっとはやく、はやく、はやく、はやく、手を頭に!

That was excellent!
ああ、素晴らしいわ!

ゆりやん: Happy to meet you.
ゆりやん: お会いできてうれしいです。

Julianne: Happy to meet you, too.
私も会えて嬉しいわ。

Julianne: Thank you for coming.
来てくれてありがとう。

Simon: Just a moment.
サイモン: ちょっとまった

ゆりやん: Thank you very much.
ゆりやん: ありがとう

Howie: We should go .
ハーウィ: 僕たちは外した方がいいね。

Simon: We should stop right now.
サイモン: もう終わった方がいいよね。

Howie: She’s got a boyfriend.
ハーウィ: ボーイフレンドができたね。

 

ゆりやんは英語の発音が上手?

こんな大舞台で、アメリカ人からの質問にきちんと受け答えをし、コミュニケーションができるんです。上手どころか、仕事として英語を使いこなしていることは、誰の目からみても明確ですよね!

 

しかしながら、ゆりやんの一つ一つのセリフをみていると、決して難しい言葉を話しているわけではないんです! よく「英会話は中学英語でできる!」なんて言いますが、この動画が、まさにそれを証明しているのではないでしょうか。^^

 

ゆりあんが英語が上手な理由は?

ゆりやんさんが、テレビ番組などで語る所によれば、海外に住んでいたとか、小さい頃から英語をならっていただとか、そういった経験はないのだそうです。

 

英語に目覚めたきっかけは、大学生時代。

ゆりやんさんは、ストリートダンスサークルに所属していたのですが、サークル内には留学していた学生が多かったのだそう。

 

そのサークルの中でも、とくに仲良しだったのが、帰国子女で英語がペラペラの香帆さん。彼女とよく、英会話で遊んでいたのだそうです。

ちなみに、その香帆さんとは卒業した今でも親交があり、なんと今回のオーディションでも、英語の特訓をしてもらったんだとか!!テレビ番組のなかでも、「彼女がいなければ、ステージであんな返しはできなかった」と語っていました。

 

また、仕事で海外で芸をすることもあったゆりやんさん。「英語の勉強」というよりも、常に場数を踏むことで、英語力を鍛えていたとのこと!

 

とはいえ、関西大学出身のゆりやんさん。芸人さんなので、テレビではおバカっぽくみえます。しかし、学歴も高く、英語についても相当努力してらっしゃるはずです。

 

まとめ

ということで、今日はアメリカのオーディション番組、アメリカズゴッドタレントで一躍アメリカで話題の人となった、ゆりやんレトリイバァさんについて、オーディションの会話をまとめてみました!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

英語を学んで、人生を変えちゃおう!

私は今、
翻訳者として仕事をする傍ら、
 
英語学習アドバイザーとして
大人の英語学習者さんをサポートする活動をしています。
 
プライベートでは、
外国人の友達と日頃から英語で
女子トークを楽しんでいます。
 
 

でも、私が英語の勉強を始めたのは
大人になってからなんです。
 
学生時代の私はといえば、
 
単語、文法、長文、リスニング、
どれも得意とは言えず、
 
英会話なんてもってのほか。

 

初めて行ったオーストラリア旅行では
お水が欲しいということも伝えられず、
 
自分の英語のセンスのなさに愕然としていました。
 
そんな私でも、
1人のアメリカ人の女の子との出会いをきっかけに、
 
「このまま英語ができずに終わる人生なんて嫌だ!」
 
と思うようになったんです。
 
それからは日本で
コツコツと英語の勉強を続けてきました。
 
 

英語が話せるようになると、
 
外国人の友達と深い話ができるようになったり、
 
海外に行くことで視野を広げられたり、
 
素敵な出会いがあったり、
 
職場でめちゃくちゃ重宝されたり、、、
 
人生がもっと豊かに彩られていきます。
 
 
私と同じように英語を通して
 
人生をもっと豊かに、
もっとワクワクした日常を送ることができる人が
増えたらいいなと思い、
情報発信をしています。
 
 

無料メルマガでは、
 
私が英語センス0だった時から始まり
英語を習得するまでにしてきた勉強方法を
公開しています。
 

無料メール講座で学べること

✅TOEIC400点台でも
ネイティブの友達と何時間も
英語でおしゃべりできるようになる方法

 
✅英語センス”ゼロ”でも
英語の先生や翻訳者という仕事ができるくらい
英語力を高める方法

 
✅挫折しやすい英語学習を
継続させるための秘訣

 
✅日本人がもっとも効率よく英語を習得するために
絶対に知っておくべきこと

 
✅ゆうの生徒さんたちがどのように
英語を身に付け人生の選択肢を広げていったのか?


 
こんなことをお伝えしています。
 
 

 
メルマガにご登録いただくと
 
初心者でも
英語らしい英語がアウトプットできる
超簡単な方法

 
をまとめたレポートを
無料プレゼントしています^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください