“Weathering With You”の意味は?”天気の子”の英語名を解説!

2019年7月19日より
新海誠監督の「天気の子」
公開になりますね^^

こちらの「天気の子」、
英語タイトルが“Weathering With You”なのですが、
これってどんな意味なんでしょう?

今回の記事では、
このタイトルの意味について、
まとめていきたいと思います!

 

 

スポンサードリンク

Weathering With Youの意味は?

“Weathering With You” は、
新海誠監督最新作映画「天気の子」の
サブタイトルです。

 

ここでの“Weathering With You” は、
「あなたと共に困難を乗り越える」
と解釈するのが、もっともふさわしいでしょう。

 

“Weather”には、「天気」の他にも
様々な意味があるので、
ひとつずつみてみましょう♩

 

ジーニアス英和辞典での定義
Weather
【名詞】
①天気
②悪天候、暴風雨
③天気予報

【動詞】
①風化させる
(嵐・困難などを)切り抜ける

 

多くの意味のある “weather” ですが、
今回の英語は “weather” という動詞に”-ing” がついた
動名詞です。

 

ですので、

①風化させる
②(嵐・困難などを)切り抜ける

のどちらかの意味が適用できそうです。

 

“with you”とセットで考えた場合、
意味の通る英語になるのは、

(嵐・困難などを)切り抜ける

の意味なのかな、とおもいます。

 

“weather”を「のりこえる」という意味で使った場合、
辞書には以下のような例文が挙げられています。

・weather the storm
(嵐を乗り切る)

・He weathered the economic crisis.
(彼は経済的危機を切り抜けた)

 

しかしながら私自身は、
“weather”が”乗り越える”の意味で使われているのを
あまり聞いたことがありませんし、

これをお読みの皆さんにとっても
馴染みのない意味だとおもいます。

まれな使い方なのかもしれませんね。

 



新海監督の英語についての解説

この英語について、ナタリーのインタビューで、
新海誠監督は次のように語っています。

 

『Weather』という気象を表す言葉を使いたくて。これには嵐とか風雪とか、何か困難を乗り越えるという意味も含まれるんです。映画は何か大きなものを乗り越える物語でもあるので付けました
参考

 

「天気」の意味
「のりこえる」という意味

これらの全てを表したくて、この単語を選んだとのことでした!

 

“weather”一つの単語に、
「天気」と、「困難を乗り越える」という
両方の意味が含まれていること、
詩的で素敵ですね。

ひよこ
なるほど納得!

 

【君の名は】英語版の名言やセリフ20選!吹替版や字幕動画を見る方法は?

2019.07.20

ゆりやんのオーディションから学ぶ!英語と日本語翻訳まとめ!

2019.06.26

「天気の子」あらすじは?

登場人物

・森嶋帆高(声:醍醐虎汰朗)
 主人公の男の子

 

・天野陽菜(声:森七菜)
 不思議な力を持つ少女

 

・須賀圭介(声:小栗旬)
 ライター

・夏美(声:本田翼)
 須賀の事務所で働く女子大生。

・冨美(声:倍賞千恵子)
 老婦人。

・天野凪(声:吉柳咲良)
 陽菜の弟

・安井(声:平泉成)
 老刑事

・高井(声:梶裕貴)
 安井の相棒である刑事

 

あらすじ

舞台は、現代の東京。

主人公の帆高(ほだか)は、社会からはちょっとズレていて、社会ではこうあるべき、という価値観をもっていません。彼が高校1年生の夏の日、離島から家出して東京にやってきました。

しかし、東京での生活はすぐにままならなくなりました。そんな帆高を雇ったのは、小さな編集プロダクションを営むライターである圭介でした。その仕事というのは、あやしげなオカルト雑誌の記事を書くこと。須賀の事務所では、夏美という女子大学生も働いていました。

帆高の淋しい心を表現するかのように、毎日雨が降り続いていたある日、人混みの中で、帆高はある少女と出会います。陽菜(ひな)と名乗ったその少女は、とても明るい性格で、この都会で弟とともに暮らしていると言いました。

陽菜には、人間が理解できない、特殊な能力をもつ女の子でした。彼女が「ねぇ、今から晴れるよ」というと、少しずつ雨が止んで晴れたのです。彼女は祈るだけで空を晴れに出来る100%の晴れ女だったんです。

天気の子は、そんな帆高と陽菜の恋物語です!

 

恋物語、と表現しましたが、新海誠監督自身はこの映画を、“恋愛映画”とは言い切れないんですが、2人の気持ちや関係性は描くので、思春期ならではの甘酸っぱいドキッとするシーンは色々ありますと説明しています!

また、“ど”エンタテインメント。笑えるし、泣けるし、ワクワクするし、知的好奇心も刺激されると思います。劇場に来た人に『面白かった!』と言ってもらえる作品をスタッフ全員で目指してますとも語っています♩

 

公開が楽しみですね♩

 

7/19追記♩

公開初日、天気の子鑑賞してきました♩
あんまりいろいろ書いてしまうとネタバレになっちゃうので控えますが、、、

ひとつ私が後悔していることは、
映画の中で四葉が見つけられなかったこと・・・
(どうやらいるらしいんです)

これ、映画見る前に知っていたかった・・・

これから観に行くというみなさんは、
ぜひ四葉ちゃんをさがしてみてください・・・!!

(そしてどこで出ていたか、
 私におしえてください笑)