「ばらつき」英語でなんていう?工業用語や統計用語をチェック!

「ばらつき」とは、文字通り、一定ではなくばらばらしていることです。大辞泉によると、以下のように説明されています。

大辞泉の定義
①一様でないこと。ふぞろいであること。
用例:「品質のばらつきをなくす」

②測定した数値などが不規則に分布すること。
用例:「数値にばらつきがみられる」

 

工業の世界では、

・品質のばらつき
・部品の寸法のばらつき

などのような場面で使われますね。

 

また、統計学で「ばらつき」と言ったら、データの差異のことです。

それぞれの場面での「ばらつき」を英語でどう表現したら良いのか、チェックしてみましょう♩

 

品質の「ばらつき」を英語で?

ジーニアス和英辞典に掲載されている例文を引用します。「この製品は、品質にばらつきがある」という表現について、以下の4つの例文が掲載されていました。

ジーニアス和英辞典の例文
There are variations in quality.

These products vary in quality.

These products are different in quality.

These products are of uneven quality.

 

日本語に訳したとき、すべて同じ意味になりますが、それぞれ別の単語が使われています。

それぞれの単語についてもチェックしてみましょう。

 

variation

ジーニアス英和辞典の定義
variation
【名】
変化すること、変動、差異

“There are variations”で、「ばらつきがある」という意味になります。

 

vary

ジーニアス英和辞典の定義
vary
【動】
・異なる
・変わる、変化する

“vary”は動詞なので、”These products vary in quality.”となります。

“It varies.”で、「場合による」とか「特に決まっていない」とかいう意味にもなります!

 

different

ジーニアス英和辞典の定義
different
【形】
・違う、異なる

“different” は「違う、異なる」という意味で知られています。”different in quality”で、「品質に違いがある」という意味になりますね。

「ばらつき」 = different ってすぐに結びつかないんですが、日本語の意味を噛み砕いてみると、意味することは同じだということがわかります。

 

uneven

ジーニアス英和辞典の定義
uneven
【形】
・一様でない、むらのある

 

ジーニアス英和辞典の例文
・an uneven performance
(むらのある演技)

・an uneven heartbeat
(不整脈)

 

一口に「品質のばらつき」と言っても、さまざまな表現方法があるんですね!

 

寸法の「ばらつき」を英語で?

寸法などがばらつく場合も、上記の品質とおなじ単語が使えそうです。

 

There are variations in dimension.

The dimensions vary.

These dimensions are different.

These dimensions are uneven.

 

また、私自身が英文を読んでいる中で、こんな表現もみたことがあります。

Variance exists.
(ばらつきがある)

 

何回も言うようですが、さまざまな表現がありますので、その都度その原稿にもっとも適切な表現を当てはめてみてください!

 

統計の「ばらつき」を英語で?

統計のばらつきは、英語で“Statistical dispersion”と表現します。

“dispersion”は「ばらつき」を示していますが、”dispersion”の他にも、“variability”, “scatter”, “spread”などと表現することもできます。

 

英語版wikipediaによると、”Statistical dispersion”の定義は次のように述べられています。

wikipediaの定義
In statistics, dispersion (also called variability, scatter, or spread) is the extent to which a distribution is stretched or squeezed.Common examples of measures of statistical dispersion are the variance, standard deviation, and interquartile range.

(統計学では、ばらつき(dispersion、または variability, scatter, spreadとも呼ばれる)とは、ある分布が広がる範囲のことをいう。)
参考

 

統計の分野では、dispersionを使うのが一番一般的であるようです。

しかしながら、英語版wikipediaでは、”dispersion”の言い換えとして、そのほかの単語についても述べています。参考として、それぞれの単語の意味を、以下にまとめておきますね!

 

dispersion

ジーニアス英和辞典の定義
dispersion
【名】
[統計]ばらつき、散らばり

 

 

variability

ジーニアス英和辞典の定義
variability
【名】
変わりやすさ

 

scatter

ジーニアス英和辞典の定義
scatter
【名】
まきちらすこと

 

spread

ジーニアス英和辞典の定義
spread
【名】
広まり、流布

 

まとめ

ゆうちゃん
「ばらつき」には、いろいろな表現方法がある!

 

★工業の分野では、例として以下の単語を使うと良い♩

・variation
・vary
・different
・uneven

 

★統計の分野では、
ばらつき = dispersion

 

最後まで読んでいただきありがとうございました♩

英語を学んで、人生を変えちゃおう!

私は今、
翻訳者として仕事をする傍ら、
 
英語学習アドバイザーとして
大人の英語学習者さんをサポートする活動をしています。
 
プライベートでは、
外国人の友達と日頃から英語で
女子トークを楽しんでいます。
 
 

でも、私が英語の勉強を始めたのは
大人になってからなんです。
 
学生時代の私はといえば、
 
単語、文法、長文、リスニング、
どれも得意とは言えず、
 
英会話なんてもってのほか。

 

初めて行ったオーストラリア旅行では
お水が欲しいということも伝えられず、
 
自分の英語のセンスのなさに愕然としていました。
 
そんな私でも、
1人のアメリカ人の女の子との出会いをきっかけに、
 
「このまま英語ができずに終わる人生なんて嫌だ!」
 
と思うようになったんです。
 
それからは日本で
コツコツと英語の勉強を続けてきました。
 
 

英語が話せるようになると、
 
外国人の友達と深い話ができるようになったり、
 
海外に行くことで視野を広げられたり、
 
素敵な出会いがあったり、
 
職場でめちゃくちゃ重宝されたり、、、
 
人生がもっと豊かに彩られていきます。
 
 
私と同じように英語を通して
 
人生をもっと豊かに、
もっとワクワクした日常を送ることができる人が
増えたらいいなと思い、
情報発信をしています。
 
 

無料メルマガでは、
 
私が英語センス0だった時から始まり
英語を習得するまでにしてきた勉強方法を
公開しています。
 

無料メール講座で学べること

✅TOEIC400点台でも
ネイティブの友達と何時間も
英語でおしゃべりできるようになる方法

 
✅英語センス”ゼロ”でも
英語の先生や翻訳者という仕事ができるくらい
英語力を高める方法

 
✅挫折しやすい英語学習を
継続させるための秘訣

 
✅日本人がもっとも効率よく英語を習得するために
絶対に知っておくべきこと

 
✅ゆうの生徒さんたちがどのように
英語を身に付け人生の選択肢を広げていったのか?


 
こんなことをお伝えしています。
 
 

 
メルマガにご登録いただくと
 
初心者でも
英語らしい英語がアウトプットできる
超簡単な方法

 
をまとめたレポートを
無料プレゼントしています^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください