「親部品・子部品」は英語で何て言う?意味もチェック!

「親部品」「子部品」は英語で何?

一例として、ここでは以下の訳語をあげます。

・「親部品」 = assembly

・「子部品」 = components または parts

 

「親部品」「子部品」を英語に訳そうとする時、
まずは押さえておきたいことが
これらの言葉が原文で何を表しているのか
ということです。

 

エンジニアである旦那さんに聞いたところ、
どうやらエンジニア界隈では、

「親部品」 = 「組み立て部品」
「子部品」 = 「親部品の構成部品」

の意味とのこと。

 

↓つまりこういうことです↓


参考サイト:Lean Manufacturing Japan

 

こう考えれば、

「親部品」 = assembly

「子部品」 = components または parts

という訳語が妥当なのではないかと考えられます。

 

その他の表現もまとめ!

今回「親部品」「子部品」という言葉を調べていて、

部品を設計したり、作ったりするエンジニア界隈では、
「部品表」というものを作るのだと言うことがわかりました。

 

部品表とは・・・
製品をつかさどる部品の一覧である。部品の階層構造や、製品がどの部品で組み上がっているかを示す。それぞれの部品の基本情報も表している。

 

 

部品表は英語で、”Bill of materials (BOM)”と言います。

 

「親部品」「子部品」を、検索してもなかなか該当単語が見つからず苦労しました。
(なぜなら「親」「子」を使うのは、日本語独特の表現だから)

しかし、Bill of materialと検索したら、使えそうなキーワードをいくつか洗い出すことができました!
 

wikipediaによると、”Bill of materials”は、以下のように定義されます。

 

A bill of materials is a list of the raw materials, sub-assemblies, intermediate assemblies, sub-components, parts, and the quantities of each needed to manufacture an end product.

最終製品の製造に必要な原材料、サブアセンブリ、中間アセンブリ、サブコンポーネント、部品、および数量のリストです。

wikipedia

 

sub-assemblies(サブアセンブリ)は、「部分組立品」とも訳されます。よって、上記で言う「親部品」の訳語に、とても近いと言えそうです。

 

また、sub-components(サブコンポーネント)や“parts”(部品)は、上記で言う「子部品」の訳語に近いのではないでしょうか。

 

まとめ

「親部品」の訳語としては

・assembly
・sub-assembly

などがある。

 

「子部品」の訳語としては

・components
・sub-components
・parts

などがある。

 

状況に応じてもっとも適する語を使ってみてください^^

最後まで読んでいただき、ありがとうございました♩



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください