タイトルでの大文字・小文字の使い分け方は?前置詞や冠詞の場合は?

英語のタイトルを書くときに知っておかないといけないのが、「キャピタライゼーションルール」です。「キャピタライズ」というのは、「単語の最初のアルファベットを大文字にすること」で、英文のタイトルにはこれが適用されます。

しかし、全て大文字にすれば良いのではなく、中には小文字に直さなければいけない単語もあるのです!

今回の記事では、これについて深く知っていきましょう★

 

基本ルール

英文タイトルのキャピタライゼーションについて、まずは以下の2つを覚えておいてください。

単語の頭文字を大文字に!

基本的には、単語の頭文字は大文字にしていきます。

 

赤ずきんちゃん
Little Red Riding Hood

スターウォーズ
Star Wars

 

小文字のままにしておく単語もある!

しかしながら、全ての単語を大文字で表記すれば良いというわけではありません!

以下が、大文字にしない単語です。

冠詞

a, an, the

等位接続詞

and, but, or, not, yet, for, if, so…

前置詞

at, by, down, for, from, in, on, to, with…

 

冠詞・接続詞・前置詞は大文字にしない!と覚えておきましょう。

 

美女と野獣
Beauty and the Beast

くまのプーさん
Winnie the Pooh

不思議の国のアリス
Alice in Wonderland

 

※文頭はいつも大文字!

接続詞や前置詞であっても、文頭の単語はいつも大文字にします!

ロードオブザリング
The Lord of the Rings

オズの魔法使い
The Wizard of Oz

グレーテストショーマン
The Greatest Showman

 

※接続詞や前置詞でも5字以上なら大文字に

ちょっとややこしいルールですが、接続詞や前置詞でも5文字以上なら大文字にする、というルールがあります。

 

5字以上の接続詞や前置詞

Although, Because, Unless, About, Above, before…

 

使えるツール

大文字・小文字の自動変換ツール

ここまで、英文タイトルにおける大文字小文字のルールについて説明してきました。ここからは、大文字と小文字の正しい変換を自動でやってくれるツールをご紹介します!

“Capitalize My Title”というサイトで、文章を入力するだけで正しい変換をして表示してくれるんです!もしもタイトル変換に悩んでしまったら、こちらを利用してみると良いですよ!

 

 

 

キャピタライゼーションルールを深く知る!

ルールを決める「スタイルガイド」とは?

ここまで説明してきた英文のルールは、「スタイルガイド」に則っています。

 

「スタイルガイド」というのは、英文の書き方を定めている分厚い辞書のようなもの。こんなやつです↓

 

この分厚い辞書の中に、英文作成のルールが事細かに記されているのです。

今回の例をあげると、

ガイド
タイトルの単語の頭文字は大文字にするんだよ!
ガイド
ただし、大文字にしない場合もあるんだよ!

 

というようなルールも、この分厚い「スタイルブック」の中にきちんと書かれているわけなのです。

 

「スタイルガイド」は1種類ではない!

英文のルールを決めるスタイルガイドが、ただ一つしかないのであれば、それに従えば良いだけです。

しかし、スタイルガイドの種類は1つではありません。

・APAスタイル

・シカゴマニュアルスタイル

・APスタイル

・MLAスタイル

・NYタイムズスタイル

・ウィキペディアスタイル

・・・・

 

などなど、、、様々なルールが存在しているのです。

 

スタイルによるキャピタライゼーションルールの違い

キャピタライゼーションルールについても、それぞれのスタイルガイドでいうことが異なっています。基本的には、上記で説明したルールに則ってタイトルづけしてもらえればOKです!参考までに、それぞれのスタイルガイドのルールについて、まとめておきますね!

APAスタイル

(アメリカ心理学会出版)
5文字以上の接続詞と前置詞は大文字。

シカゴマニュアル

(シカゴ大学から出版されている)
全ての接続詞と前置詞は小文字。

APスタイル

(ジャーナルなどで使われる)
4文字以上の接続詞と前置詞は大文字。

MLAスタイル

(人文学などで使われる)
4文字以上の接続詞と前置詞は大文字。

 

一口に「英文」といっても、その分野は様々です。

分野に合わせて、スタイルガイドが存在しています。専門分野で英文を書かれている方であれば、その専門分野では一般的にどのスタイルガイドが採用されるのかを知っておく必要があります!

繰り返しになりますが、専門性の強いものでなければ、最初に述べた基本ルールにしたがってもらえれば大丈夫ですよ★

 

まとめ

基本ルールは、

1.単語の頭文字を大文字に!
2.小文字のままにしておく単語もある!
※文頭はいつも大文字!
※接続詞や前置詞でも5字以上なら大文字に!

 

Capitalize My Titleを使えば
自動で大文字小文字の変換ができる!

 

キャピタライゼーションルールは、「スタイルガイド」によっても違い、専門性が強い英文は、その分野がどのスタイルガイドを採用しているのかを知っておく必要がある!

 

以上、今回は英文タイトルの大文字・小文字についてまとめてみました!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

英語を学んで、人生を変えちゃおう!

私は今、
翻訳者として仕事をする傍ら、
 
英語学習アドバイザーとして
大人の英語学習者さんをサポートする活動をしています。
 
プライベートでは、
外国人の友達と日頃から英語で
女子トークを楽しんでいます。
 
 

でも、私が英語の勉強を始めたのは
大人になってからなんです。
 
学生時代の私はといえば、
 
単語、文法、長文、リスニング、
どれも得意とは言えず、
 
英会話なんてもってのほか。

 

初めて行ったオーストラリア旅行では
お水が欲しいということも伝えられず、
 
自分の英語のセンスのなさに愕然としていました。
 
そんな私でも、
1人のアメリカ人の女の子との出会いをきっかけに、
 
「このまま英語ができずに終わる人生なんて嫌だ!」
 
と思うようになったんです。
 
それからは日本で
コツコツと英語の勉強を続けてきました。
 
 

英語が話せるようになると、
 
外国人の友達と深い話ができるようになったり、
 
海外に行くことで視野を広げられたり、
 
素敵な出会いがあったり、
 
職場でめちゃくちゃ重宝されたり、、、
 
人生がもっと豊かに彩られていきます。
 
 
私と同じように英語を通して
 
人生をもっと豊かに、
もっとワクワクした日常を送ることができる人が
増えたらいいなと思い、
情報発信をしています。
 
 

無料メルマガでは、
 
私が英語センス0だった時から始まり
英語を習得するまでにしてきた勉強方法を
公開しています。
 

無料メール講座で学べること

✅TOEIC400点台でも
ネイティブの友達と何時間も
英語でおしゃべりできるようになる方法

 
✅英語センス”ゼロ”でも
英語の先生や翻訳者という仕事ができるくらい
英語力を高める方法

 
✅挫折しやすい英語学習を
継続させるための秘訣

 
✅日本人がもっとも効率よく英語を習得するために
絶対に知っておくべきこと

 
✅ゆうの生徒さんたちがどのように
英語を身に付け人生の選択肢を広げていったのか?


 
こんなことをお伝えしています。
 
 

 
メルマガにご登録いただくと
 
初心者でも
英語らしい英語がアウトプットできる
超簡単な方法

 
をまとめたレポートを
無料プレゼントしています^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください