“There is the ~”は間違いなの?構文が使えないパターンまとめ

こんにちは!
英語講師のゆうちゃんです!

英語圏在住の私のお友達から
こんな質問をされました。

質問の内容はこの文章。

“There are the 2 questions.”

アルパカ
この英文を見て、
ネイティブに”the”は変だって言われたんだよね。
でもどうして”the”をつけちゃいけないの?

 

ということで
今回はこの質問にお答えすべく

There is ( are )の後ろに
“the”が使えない理由

例文を踏まえて
解説していきたいと思います!

 

スポンサードリンク

“There is the ~”は間違いなの?

解説

今日覚えていただきたいのは
これだけです!!

↓↓↓

There is ( are ) の後に続く名詞には
“the”などの定冠詞で限定した名詞や
固有名詞が続くことは
基本的にはありません!

 

アルパカ
え〜!なんで!?

 

この質問に対する答えとしては

There is ( are ) 〜の使い方として
固有名詞を後ろにつけない性質がある

という風に覚えていただくのが
変に理由をあれこれ考えるより
手っ取り早いと思います!

 

語学があって
言葉が生まれたわけではなく、

言葉があって
語学という学問ができたので、

「なんで?」って理由は
どうしても後付けになっちゃいます。

 

しかしあえて理由を説明してみます。

There are the 2 question.

この文を例文として
解説してみますね。

“the” がつくということは、
“2 question”がどんな”question”なのか、
自分にも相手にも
共通の認識としてある、
ということが前提と考えられます。

 

その、共通の認識としてある
“2 question”
について、あえて

There is the 2 questions.
(その2つの質問があります)

というのは
基本的にはおかしいということに
なってしまうんです。

 

構文の使い方

There is ( are ) 〜
この後に名詞を続けることで、

〜がいる
〜がある

という意味になります。

 

例えば
こんな風に言いたい場合。
↓↓↓

アルパカ
ウチの近くに山があるよ!

 

これを英語にすると

アルパカ
There is a mountain near my house.

 

こんな風になります。

 

NGな例

ここでもう一度
最初に言ったことを
思い出してくださいね!

There is ( are ) の後に続く名詞には
“the”定冠詞などで限定された
名詞や固有名詞が続くことは
基本的にはありません!

 

なのでこんなのはNGです!

ひよこ
× There is the mountain near my house.

 

固有名詞を置くこともできません。

 

ひよこ
× There is Mt. Fuji near my house.

 

例外

英語学習者を悩ませる“例外”

There is (are ) ~ の使い方にも
後に”the”を使って良い
例外があるのです。

 

それが
その名詞を強調したい場合!

 

基本的に、the はつけないんですが
あえてその文章を強調するときは
強調を表すために
the をつけたり、
固有名詞を置くことがあるんです。

 

例えばこんな感じ。
↓↓↓

アルパカ
There’s Momoko with her boy friend.
(ほらみて!ももこが彼氏といるよ!)
ぞうさん
There is the book you are looking for.
(ほら、あなたが探してた本があるよ!)
ひよこ
There is the restaurant.
(ほら、そのレストランだよ)

 

こんな風に
必要なもの、探していたものなどが
そこにあることを相手に強調して
伝えたい時なんかは

There is ( are )〜の構文でも
“the”をつけたり
固有名詞を付け加えたり
するというわけです!

 

There is ( are )の基本

もう一度この構文の使い方を
きちんと勉強したい方は、

・中学2年生の文法書
または
・英検4級レベルの参考書
がオススメです!

 

ひよこ
“the”の使い方が
まだよく分からない

そんな方は
参考書の「冠詞」の項目を
読み直してみてくださいね!

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください